カラフル誕生 その2

こんにちは、初めまして。
カラフルメンバーの一人、明治学院大学1年のとみです。
人生終わってみるまで言い切ることは出来ないと思いますので、変な言い方しかできませんが、
私は今のところ、セクシュアルマイノリティではありません。
非当事者としてこのサークルを立ち上げました。

カラフルが立ち上がるまでの経緯を、ここでは私目線で書いてみます。


意識は全く高くなかったものの、私は大学に入ったらジェンダーやセクシュアリティについて学んでみたいなーと思っていました。
入学後、しばらくしてから、伊藤悟さんの本に出会い、衝撃を受けたくさん考えさせられました。
それから本やTwitterで悟さんの文章に触れ続け、講演会があれば行ってみたい、直接話を聞いてみたい、と強く思い始めました。
悟さんの本に出会ってから半年後、ふとしたことがきっかけで、私は悟さんの講演会を大学で主催することになったのです…!

講演会を、少しでも多くの人がセクシュアリティを見つめ直す場にしたいと思うと同時に、
こうした問題に一緒に向き合える仲間、欲を言えば、明学でこれから活動を始める仲間を見つけたいと思っていました。

期待と不安と緊張でごちゃ混ぜでしたが、講演会は見事に成功。
あんなにも温かい場所になるとは思いませんでした。
それに、こうしてカラフルを一緒に立ち上げる仲間を得られました。


LGBTなど、セクシュアルマイノリティは30人に1人いると言われているけれど、「普通」が何かが決まっている。
だから、大学という小さな社会にも過ごしづらい人はたくさんいるはず。
それが分かるから、何か出来ることをしたかったのです。
そして、非当事者も含め、あらゆる人でこの問題に向き合いたいと思ったのです。

メンバー自身、まだまだ模索し続けていますが、
カラフルは、所属も年齢もセクシュアリティも関係なく、あらゆる人がありのままの自分でいられる環境を作ること、
そして、たくさんの人へメッセージを発信し続けていくことを目指そうと思っています。



でも、私は大学に、こうしたサークルを本当は作りたくないのです。
言ってることが矛盾しまくっていますが…(笑)、
セクシュアルマイノリティの人たちが少しでも過ごしやすくなることを目指して、こうした団体が立ち上がったことは、もちろん光だと思うのですが、悲しみでもある気がするのです。
ゆくゆくは、誰かが取り立てて活動しなくても、あらゆる人が当たり前のように生きやすい社会になりますように…。

それまでの間、期間限定で!、カラフルはのんびり、やっていこうと思います。
どうぞ、関心を持たれた方は、ご連絡ください(^-^)。
しつこいようですが…所属、年齢、セクシュアリティは問いません。

Mail:mg.colorful@gmail.com
Twitter:@mg_colorful


長々と失礼しました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カラフル

Author:カラフル
明治学院大学のセクシュアル・マイノリティサークルです。
カラフルなこのサークルは、所属や年齢、セクシュアリティに関係なく、誰でも参加できるのが特徴です。非当事者も参加可能です。活動内容などをブログにあげていこうと思っています。

お気軽にご連絡ください。
Mail:mg.colorful@gmail.com
Twitter:@mg_colorful

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR